調査                              

信用調査

信用調査


企業・個人の信用調査


【企業】
一般的には、取引方針を決めるために、取引の相手方について営業状況、財務内容など信用状態を調べる。信用に関する情報の入手手段としては、相手方から直接入手する、販売先・仕入れ先などから間接的に入手するなどの方法がある。金融機関は与信行為の基礎としてこの信用調査を重視し、取引開始時はもちろん、取引後も随時必要に応じて行っている。信用調査の体系としては、①人的調査(経営者、従業員、労使関係などに関する調査)、②物的調査(外部要素としての所属業界調査および内部要素としての企業の沿革、資本、設備、生産・仕入れ・販売状況などの調査)、③経理面の分析(収益状態、財政状態、資金繰りなどの財務分析)。ただし、銀行などが行う信用調査は、外から企業をみる「外部調査」であるから、資料・情報入手上の制約、財務諸表の信頼性の問題など、いろいろな限界のあることに留意すべきである。
【個人】
個人な信用性について様々な角度から調査。その人を取り巻くあらゆる環境を調査し報告致します。
調査項目→資産・負債・略歴・人柄・信頼度・交友関係・生活状況・その他指定事項等。


調査実施前にご依頼者様の知り得る情報を詳細にお聞きした上、綿密な打ち合わせを行い調査実施となります。


法律上ご依頼には【調査利用目的書】【業務委任契約書】【重要事項説明書】の契約手続きが必要となります。
a:58 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional